終活を心がける時代

わ と じ ほ ん
巻物型 毛筆家系譜


(鹿児島県/医師/田上容正さん)

 私は縁あって平成29年に私の家に古くから伝わる家系図の修復を綾瀬家系譜に依頼しました。そのおかげで、私の11代前の田上義氏が戦国時代に戦功を立て、島津義弘から最高の褒賞として「国宗」という刀を貰っていることや、8代前の田上義福や7代前の田上青山が儒学を学び、種子島家に仕え、種子島の子女教育に貢献していたことなどが判明しました。
 私はまた、医療のかたわら書道を33年間研鑽し、楷書、行書、草書、かな、臨書の5部門で五段位を達成したので、冗談で「私の書道は二十五段です」ということにしていますが、平成31年に東京で開催された林天鳳先生の個展を初めて観た時に、その会場でひときわ目を引いた「飛魚の如く」という作品が一目で気に入りました。現在その扁額は
私の病院の正面玄関に飾っています。       
 私も今年85才となり、そろそろ終活を考える年となりましたが、半世紀以上にわたり私を支え続けてくれた妻に感謝しながら、残された人生、命ある限り、これからも離島医療の為に役立ちたいと考えています。


          ( 田上容正 著「折々の言の葉」より )


綾瀬家系譜
サイズ  5寸(149×65×26mm) 本紙   鳥の子紙 墨  梅花墨 裂地 正絹緞子  書家直筆タイプ 58,300円(税込)  (過去帳本体・桐箱ケース・ 直筆筆耕代金が含まれます)  ★全ての宗派に対応致します  ★無宗教の方にも価値ある  先祖の歴史の記録帳です
(日付つきの過去帳は、同じ日付命日の先祖が入り きらなくなる為、日付無しタイプをお勧めします)

現代の生活スタイルにふさわしい本形式の家系譜です。巻物形式の家系譜に比べて取り扱いも簡単であり、本形式ですから、どこの世代からでも直ぐに開いて見ることが可能です。綾瀬家系譜では長期保存に向く良質の固形墨「梅花墨」と「鳥の子紙」を用いて、林天鳳先生が魂を込めた生きた文字で揮毫され、子孫に残せるクオリティーの高い作品に仕上げています。

和綴じ本型 毛筆家系譜

注 (現地出張調査が必要な場合は
  別途経費がかかります)

巻物型家系譜
巻物型家系譜
心技一体の一流書家が揮毫する         魂を込めた生きた文字
日本の最も伝統的で歴史的な巻物タイプの家系図です。
家系図用に作られた特注の新鳥の子紙を使用し、巻き込
んで桐箱に収納しますので長期保存に向き、後世に伝え
る家宝として人気です。書家は楷書の世界で独自の美の
境地を開拓され続ける林天鳳先生が揮毫されます。

お客様からの声

墨汁よりも固形墨が良い
サイズ  B5 本紙   鳥の子紙 墨  梅花墨 裂地 金襴緞子  ★書家直筆タイプ 440,000円(税込)  (本紙 鳥の子紙) ★印刷形式タイプ 110,000円(税込)  (本紙 越前和紙) ★追加制作は1冊  55,000円(税込)
〒124-0001 東京都葛飾区小菅4-14-13-503

TEL 03-3601-1417

ご来店の際は事前のご予約をお願いします
プリンター印刷で作る家系図の場合は 10年~50年でインク文字が劣化します
『終活を心がける時代』
サイズ 24cm×600~800cm 本紙  新鳥の子紙 墨   梅花墨 裂地  正絹緞子  書家直筆タイプ 880,000円(税込)
固形墨「梅花墨」
「鳥の子紙」


 私には二人の娘がおりますが、どちらも既に嫁いでしまい、先祖代々の仏壇や位牌などを、この先誰に見てもらおうかと悩んでおりましたが、綾瀬家系譜さんと出会い、せめて過去帳だけなら、娘の嫁ぎ先でも邪魔にはならないと思い、娘の為に今回新しく過去帳をお願いしました。これでいつ私に何かあっても、おじいちゃん、おばあちゃんのことを娘や孫たちが忘れないと思い、何か心の荷が軽くなりました。

平安時代から使われている鳥の子紙(和紙)は、表面が鳥の卵
のように滑らかで艶があり耐久性に優れている為、貴族たち
が写経や永久保存用の冊子などに好んで用いました。

メール ayasekakeifu@amail.plala.or.jp

FAX  03-3601-5090

HP   http://www.ayasekakeifu.com

代表  河村聖山
「書家 林天鳳」
綾瀬家系譜では作品に関わる墨と紙と書家と その書体まで責任を持って紹介しています
書家
(林天鳳直筆桐箱付き)

注 (現地出張調査が必要な場合は
  別途経費がかかります)

(印刷形式タイプ見本)

(新潟県/石川秀子さん)

(東京都/黒田和子さん)

書体

 以前、林天鳳先生の公開書道教室に参加した時のこと、林先生が黒板を使って書き方の指導をされている時に、私は深い感銘を受けました。その不動の姿勢から文字の縦線をあまりに真っ直ぐに引かれる様子に、この方はただ者ではないと直感しました。 70才の記念に今回念願かなって、私の実家の家系図が作れて幸せです。

墨
紙
過去帳
過去帳は災難の多い時代の備えとして必要な お墓や仏壇に代わる小さな先祖の記録帳です

ここをクリック
してください !

綾瀬家系譜では長期保存に向く良質の固形墨「梅花墨」 と「鳥の子紙」を用いて子孫に残せるクオリティーの 高い作品に仕上げています。
子孫に残せる家系図を作りたいなら 長期保存に耐える墨の直筆です

異常気象やコロナ感染症流行など災難の多い時代です。いざ
という時の為に、大切な御先祖様の
過去帳家系図などは、
日頃から整理しておき子孫に伝える家宝として美しいものを
残しておきたいものです。

(神奈川県/増田良正さん御夫妻)

長期保存
墨の直筆
(林天鳳直筆桐箱付き)
(書家直筆タイプ見本)

 

 平成28年に93才で亡くなった京都の父の遺言に従い、遺体を京都の病院に献体しました。すぐには納骨できないと知り、代わりに家系図を、離れて暮らす兄弟5人分作り、それぞれが保管することになりました。コロナ流行もあり、最近なかなか京都の故郷には帰れませんが、家系図のおかげで父母や先祖をいつも身近に感じて生活しています。

書家紹介
先祖の記録帳
林天鳳 直筆過去帳

できるだけお安く家系調査(戸籍調査)を御希望される方の為に、綾瀬家系譜なら1家系1万円で、戸籍での家系調査から原稿作成までが可能です。

戸籍謄本の請求等に関しましては個人情報にあたる為、基本的にはお客様ご自身でお取り寄せいただいたものをお預かりしています。その他ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。

綾瀬家系譜

お客様からの声